売上をあげるためには店舗のアクションを改善していかければなりません。

では、どのように改善出来るでしょうか?


それを知るのに役立つのが、データを分析して、店舗のパフォーマンス把握することです。

例えば、お店に何人のお客様がいらっしゃって、そのうち何人が購入していたかご存知ですか?

来店客数などの店舗データを分析し、お店の状態を詳しく知ることで、改善点が見えてきます。



では、店舗のデータ分析や活用について、まず何から始めたらよいでしょうか?


まずはじめに、店舗のデータ指標に何があるかをを知りましょう!

指標の中でも、「売上の3要素」である「来店客数」「購買率」「客単価」を理解しましょう。

そして次のステップとして、それら数値をチェックして店舗の営業に活かしていくことが必要です。


「店長のためのデータ活用講座」では売上の3要素と、それらの数値が低いときのアクションプランについて解説しています。

まずは売上の3要素のサンプルビデオをチェックしてみてください。

売上の3要素